エアブラシメイクの豆知識

エアブラシメイク」に関する豆知識を紹介します。

エアブラシメイクのスポットを探す

エアブラシメイクとは

液状のファンデーションをコンプレッサー(エアブラシ)でミスト状にし、肌に吹き付けます。
1930年代より実用されていますが、映像技術が進歩するにともない、1980、1990年代より女優など芸能関係者の注目を浴び、現在ではハイビジョン化、デジタル化に耐えうるメイクとしてさらに需要を増しています。
ナチュラルな薄づき、かつムラのない密着感は手や刷毛によるメイクでは再現できないほどで、誰もが憧れる美肌を仕上げることができます。

エアブラシメイクの特徴

ファンデーションを薄く均一に吹き付け、美しく透明感のあるお肌を作ることができます。
粉や液体を肌のキメにひっかける通常のメイクと違い、微粒子を吹き付けて密着させるので、仕上がりが均一です。これによってエアブラシメイクの特徴であるキメの細かな肌を作ることができます。
グラデーションやぼかしも簡単に表現することができます。
カラーをブレンドすることができるので、自分に合ったどんな色でも容易に作ることができ、ハイライトやシャドウ、チーク、アイメイク、リップメイクまで、すべてに使用することができます。

非常に薄づきにもかかわらずカバー力に優れています。
シミや赤み、ニキビ跡などピンポイントの肌トラブルもコンシーラー要らずで隠すことができます。
ブライダルやイベントのような、タトゥーやアザなどを一時的に隠したい時にも効果的です。

使用するファンデーションが少ないので化粧崩れも起きにくいと言われています。
外出先などで化粧直しをする際は、市販のフェイスパウダーなどでOKです。

エアブラシメイクのメリット

肌に触れることなくメイクができるので、角質を傷つけることなく、シミ・シワの原因を作らず、敏感肌、ニキビがあると言ったお肌にも負担をかけません。
またパフやブラシを使う方法と違い衛生的です。

生まれつきの肌のキメに関わらずムラなく仕上げることができます。
水溶性のメイク用品を使うためクレンジングが簡単で、その分洗浄時の肌へのダメージを軽減できます。

ファンデーションをミスト状に吹き付けるため、ロスが少なく少量の化粧品ですみ経済的です。通常ファンデーション5~10滴で十分にお顔をカバーすることができます。

エアブラシメイクの注意点

極細のニードルよりファンデーションを噴出するため、使用後はコンプレッサーの洗浄をするなど手入れが必要です。
エアブラシを使い慣れていない人はコツをつかむのに練習が必要かもしれません。
セルフメイクのためのレッスンを行っているスクールで受講するとよいでしょう。

エアブラシメイクをするには

ブライダルやイベントの際など、一時的にエアブラシメイクをしたい時には、サロンで施術してもらうことができます。
ピンポイントメイク、ベースメイク、フルメイクなど必要に応じてメニューを選べます。ちょっと体験してみたいといった場合にもおすすめです。

また、日常的に自分でエアブラシメイクをしたい場合には、コンプレッサーや化粧品など一式をセットで購入することができます。
化粧品も全てセットで1万円台のものからサロンユースにも耐えるプロ仕様まで、必要に応じて選ぶことができます。
コンパクトさ、静音性、エアの調節やお手入れがしやすいかなどを基準に選ぶとよいでしょう。
セルフメイクレッスンを行っているサロンで道具を購入すると、レッスンもセットで受けられる場合もあります。

豆知識一覧へ戻る

ようこそ、ゲストさん こんにちは

メンバーログインログイン
メンバー登録 初めての方へ

メンバー登録”無料”!

新規入会で3,000円値引き! 口コミを書くだけ!初回ご利用完全無料! マッサージ・エステをお得に!子育て割/施術料金最大50%キャッシュバック
マッサージ・リラクサロンを簡単お得に予約

VNカフェ ブイ・エヌ・カフェ

みんなの投票箱

・本当に知りたいのは?

  • 本当の自分
  • 他の人から見た自分
  • 周りが求めている自分

もっとみる
メニュー解説のバイブル 豆知識 知っておくと役に立つ!
健康ダイアリー あなたの健康習慣をサポート

健康ダイアリーがあなたの健康習慣をサポート!
毎日 5分の健康習慣で楽しい人生を満喫しよう!

お役立ち 健康グッズ紹介

健康に役立つ厳選グッズをアレコレ集めました。
是非ご活用ください。

スタッフBlog

携帯バイタルなび

携帯バイタルなび QRコードから携帯サイトをご覧になれます。

URLをメールで送る

http://mob.vitalnavi.com/

姉妹サイト

自分らしく生きるためのマネー研究会 マネ研β マネープランをデザインしよう

マネープランをデザインしよう
自分らしく生きるためのマネー研究会「マネ研β」