ボディメンテナンス マッサージ・調整たろう湧泉堂 | 横浜市中区日の出町 京急日ノ出駅のあんま・マッサージ治療院‐こだわり‐バイタルなび

こだわり Believing in Quality


当院のアプローチ法について

あんま
「もむ」施術
中国に生まれて日本に渡来してから手技療法として広く親しまれた療術。
按摩の按は「押さえる」という意味で、機能を抑え鎮静。
摩は「さする」という意味で、生体の働きを促進。
衣服の上から中心部から手や足先の方向に施術を行い、筋肉の硬結を取り除き、筋組織の循環を良くし、新陳代謝を盛んにし生体の機能調節を図る。


指圧
「おす」施術
衣服の上から垂直圧で一点圧の刺激を遠心性に与え、圧反射機転により神経筋の機能を調節。
また大正期に入ってきたといわれているカイロプラクティックやオステオパシーの手法も取り入れて一つの体系を作り上げた手技療法。




マッサージ
「なでる」施術
明治時代にフランスから入ってきた。
皮膚に直接、滑剤を用いて施術するもので手や足先から中心に向かって主に循環系を対象に体をもんだりさすったりたたいたりして行う治療法。
血液、リンパの還流を促し、多種多様の生体反応の沈静や促進をします。


カイロプラクティック
整体療術の一つで、アメリカのパルマーD. D. Palmerが1896年に創始。
語源はギリシア語で、「手による施術」の意。
脊椎の歪みを整え、神経機能を正常化させ、組織や器官の異常を治す。
脊椎(せきつい)の異常を手で衝撃し、その異常を整え、狭められた脊椎骨の間の椎間孔を正常に復すとともに、神経の圧迫をなくして神経機能を回復し、支配下の組織や器官の機能の異常を整えるための治療法。




オステオパシー
骨の異常を整える整体療術の一つで、アメリカの医師スティルA.T.Stillが1871年に創始した。
語源はギリシア語で、「骨の病理」の意である。スティルは最初、病気の原因はすべて骨の異常にあると提唱したが、その後、病原についての5項目
(骨格の異常、筋肉や腱(けん)の異常、内臓の転移、神経や血管の異常、リンパの停滞)をあげ、
それぞれの病原に応じた治療方式を創案し、臨床に応用した。


整体
手などの力で、骨格のゆがみを矯正し、身体の均斉をとることにより、健康増進・体質改善などをはかること。




Oリング
ニューヨーク心臓病研究所所長の大村恵昭教授によって創始・開発。
一人の人間を生体センサーとして利用し、生体内の情報を指の筋力変化として検出する検査法。 
有効薬剤を手に持たせて同じ手技で検査したとき、指の力が最大限に強くなれば、その治療効果も期待できる(「薬剤適合性テスト」)という様に診断と治療が直結したオールマイティー検査法。
また各種の治療(西洋医学、東洋医学を問わず)の後に治療の効果を確かめることもできる。


テーピング
関節可動域の制限し、筋肉・靭帯・腱の補強をする。
筋肉を調節している神経の乱れを元に戻して本来持っている機能を回復する。
皮膚と筋膜あるいは筋肉の間に隙間が発生し、更に筋肉を動かすことによって血液や組織液をポンプのような作用で洗い流し、浮腫あるいは内出血を改善し、疼痛の緩和。
フォームの矯正




筋力テスト
筋機能を客観的に評価し、障害の箇所と原因を把握する。
治療計画や効果判定の目安となる。