『姿勢タイプのお話し』・・・続2‐Re:[アールイー] 【新感覚ストレッチ整体&充実のアロマトリートメント】福岡・天神エリアで美容整体・メディカルアロマなど充実のメニューが豊富に揃う人気の隠れ家サロン♪‐コラム‐バイタルなび

コラム Column

『姿勢タイプのお話し』・・・続2

TERU

【TERU】

自身の交通事故からのリハビリ体験(リスフラン関節・中足骨粉砕脱臼骨折、頸椎ヘルニア、外傷性気胸)を切っ掛けにボディコンディショニングに携わるようになりました。

これまで一般の肩こり・腰痛にお悩みの方はもとより、ヨガインストラクターやスポーツインストラクター、格闘家など1万件以上の施術を重ねてきました。

現在、介護予防トレーナー育成スクールにて講師も務める


梅雨も明け・・・夏本番ですね!
ふともも・・・ふくらはぎ・・・二の腕・・・お腹・・・おしり・・・
みなさん、薄着の季節ですよ!肌見せの準備は万全ですか?(^^)


さてさて、しばらく空けてしまってた『姿勢タイプ』のお話を再開致します。


今回は、「フラットバックタイプ」について。。。
またの名を「平背タイプ」

字の通り、背骨が真っ直ぐなんですね!
一見、とても姿勢が良いと見られがちなこのタイプ。
でも実はトラブルも抱えやすい不良姿勢なんです。。。

本来、人間の背骨は緩やかにS字カーブ(生理弯曲)を描いています。
この構造により、地球の重力(引力)を分散し、身体にかかる負担を軽減しているのですが、このように背骨が真っ直ぐでは、重力をドーーーンとまともに受けてしまいます。
これでは、背骨を支え・動かす筋肉たちに大きな負担が掛かってしまいます。


また、少し年配の方では骨盤が後傾して背骨が真っ直ぐ、デコルテが落ち、首の反りがなくアゴが前に出ている傾向が多く、背中~お尻までが平らな感じ。
首にかかる負担が大きく、首のサイドの筋肉がカチカチになっていて、頭痛になることも多い。
腰も慢性的に重く、ウエストにあまりくびれのない「寸胴」体型。
このタイプに方で、おしりや太ももの裏側にシビレや痛みを感じる「坐骨神経痛持ち」の方も少なくありません。

一方、ハイヒールが多い若い方では、骨盤が前傾して背骨は真っ直ぐ、首の骨も真っ直ぐのストレートネック。首~腰までが平らな感じの方も多いです。
傾向として、首の可動性は低く、動かす時に違和感や痛みが出る場合もしばしば。
「寝違え」や「偏頭痛持ち」が多いのもこのタイプ。
腰にも強い負担がかかり、昔病院で「すべり症」と診断されたという方も多いです。


このように同じフラットバックと言っても、この両者では状態が全く違います!

適切なコンディショニングを行う為には正しく評価することが大切です!
自分がどの姿勢タイプか知りたい方は是非一度アールイーまでお越しください。(^^)ノ


それでは、皆様のご来店心よりお待ち致しております。
もも裏のストレッチでしなやか美脚

その他のコラム