週末のジストニア患者‐クロイワ鍼灸治療室‐コラム‐バイタルなび

コラム Column

週末のジストニア患者

クロイワ マサアキ

【クロイワ マサアキ】

元甲子園球児、20才代に早稲田大学卒業後フランス(リール、ポワチエ)に2年間留学し帰国後鍼灸師免許取得。その後高度先進医療機器輸入業に従事し日本と海外を100回以上往復。現在は自宅で鍼灸治療に従事。


毎週土曜日は朝から夕方まで予約患者で一杯だが、通常の腰痛や膝痛、肩こりに加えて、ジストニア患者が3名来室。

一人は50才代男性で手首の内反と斜頸に発声障害があるが、少しづつ改善、仕事は無事にこなしている。一人は20才代男性、歩行中に体が斜め前に曲がってしまうが、なんとか毎日お店に出て仕事を継続中。一人は40才代の男性、IT関連で仕事が過大になり、斜頸気味で頸カラーを付けて行動、現在休職中。いずれにしてもジストニアは難病、長期戦構えで頭鍼をベースにして治療している。

その他のコラム