朝起きると顎が疲れている方はいらっしゃいますか?‐【医療系リンパドレナージュ&全身ケア】男性可能の隠れ家サロンDeuxRues品川高輪‐コラム‐バイタルなび

コラム Column

朝起きると顎が疲れている方はいらっしゃいますか?

稲葉 歌央瑠

【稲葉 歌央瑠】

ストレスとストレスから発生する身体の緊張両方をほぐす為「Reset&Refrsh」をコンセプトにしています。体質改善のリンパドレナージュとオリジナルマッサージで一度で身体が効果を感じ、セッションで目から鱗が落ちるトリートメントを提供しています。
・米国NLP協会 認定トレーナー
・日本エステティック協会 認定エステティシャン
・英国IFR 認定リフレクソロジスト


歯がしみる、詰め物がよく外れる、朝お口のまわりの筋肉のこわばりがある方などは寝ている間の歯ぎしりが原因かもしれません。

〈歯ぎしりとは??〉

・睡眠中に歯をすり合わせて音を立てることを「歯ぎしり」
・音をたてず歯をかみ合わせてぐっと力を入れる事を「食いしばり」
食いしばりは、日中中に無意識していたり、何かに夢中になっていたり、ストレスを感じる時などに起こりやすいとされています。

歯ぎしりやくいしばりは別名「ブラキシズム(口腔内悪習慣)」と呼ばれています。
左右均等に噛む場合や、左右どちらかに力をいれて噛む場合もあります。
パターンも種類があり、顎を左右に大きく動かすグラィンディング、

顎を垂直的に動かすタッピング、
力が入るところで咬み込みを繰り返すクレンチング、

顎をずらした位置で左右に動かすナッシング、それらの複合型などです

ブラキシズムは歯を削ったり、ヒビが入ったり、まわりの骨を溶かしたり、根を露出させたりします。

また、歯周病を悪化させるリスク因子でもあります。
歯ぎしりにより顎の位置が下がると顎関節症や無呼吸症候群の原因にもなります。

〈歯ぎしり・くいしばりの起こる原因は?〉
中枢性のストレスに対する生体の防御反応としての生理的な現象とされています。
その他に
・噛み合わせなどにより顎の筋肉の緊張がアンバランス
・虫歯で歯が痛い、
・高さが不適合な金属冠がある、
・歯の抜きっぱなしなどによる噛み合わせの狂い

〈歯ぎしりの症状〉

・歯がしみる(歯の根元や噛む面が削れたり、歯に亀裂が入ることで知覚過敏が強く出る)
・かむと痛い(歯ぎしりが原因で、歯の周囲の「歯根膜」が炎症を起こす
・つめものや、かぶせものが割れる(歯に強い力が加わり、セラミックの詰め物やかぶせものが割れてしまう)
・顎が痛い(顎関節症につながる。顎は左右の関節の部分のみで頭の骨とつながっているため、歯ぎしりが原因で顎の関節に力が加わると顎の関節にある「関節円板」がずれる・穴が空く・変形するなどの顎関節症を引き起こし、顎が痛くなります。
その他に、
歯が異常に擦り減る(犬歯が平らになってしまうなど)歯が割れてしまう、歯茎がやせる。肩こりや片頭痛などの症状が出ることもあります。
まれに、骨にこぶができてしまう「骨隆起」ができることもあります。


〈歯ぎしり・食いしばりの予防や対処法〉
マウスピースが一般的な対処方法とされています。

自分で熱湯につけて簡易的に出来るソフトタイプや歯医者さんでオーダーメイドで作るタイプなど様々なものがあります。

但し、マウスピースはあくまで歯ぎしりを軽減させるもので根本的治療方法でありません。

普段から、以下のように気をつけて頂くことが大事です。


睡眠時
・枕を高くしない
・横向きやうつ伏せにならない
・過度な飲酒を避ける

活動時
・かみ合わせを直す
・左右均等に奥歯で少しずつ咬む
・極端に固い物を噛むことを控える
・食事時に強く噛まずに、食事を噛む回数を増やす(1口で20~30回)
・ほおづえをつかない
・ストレスをためこまない

タグ 歯ぎしり

その他のコラム