新月にはお願い事をしよう!‐アーユルヴェーダ専門サロンmanas‐コラム‐バイタルなび

コラム Column

新月にはお願い事をしよう!

スミヨシマチコ

【スミヨシマチコ】

アーユルヴェーダサロンmanas《マナス》のセラピストです。アーユルヴェーダは、自分を知り、心と体も健やかに保つためのもの。お客様に幸せを感じていただくために、私自身がまず自分が幸福感に満たされた生活を送ることを目標に、音楽・映画・芝居・旅行などを楽しんでいます。


東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です

今日は、新月です!
新月にお願い事をすると叶いやすいと言うのを知ってますか?

→6月2日は双子座の新月
→新月のデクラレーション

私も、ちょこちょこやってるのですが
すごく叶ってると言うわけでもないので(笑)アレですけども
これをやってていいな、と思ったことがあります。

それは、
「自分が何を望んでいるのか?」
「どうなりたいのか?」
「何が欲しいのか?」

を考えるようになったことです。

それまでは、それなりに毎日楽しく、
そこそここなして、日々の充足感が得られれば問題ないと
あんまり野望欲望には無縁だったんですよね。

考え方としては、
大きく目標を掲げなくとも、今の一歩一歩を確かに進むことで
自然と行く道が決まり、開けていくと思っていたし、
実際、それまでそうなってきてたのですよ。

だから、最初に新月のお願いを考えたとき、
びっくりするぐらい何も出てこなくて
そりゃあ、物欲的なことを言ったらキリがないんですが(笑)
なんか大きいビジョンが欠如してましたねー

それが、このお願いを考えるようになって
自分のなりたい、ありたい姿について
おぼろげでなく、具体的にちゃんと考える、
そして、そのために自分に向き合うようになった気がします。

今までどおりに、最も大切なのは、
今日の確かな一歩一歩であるとは思うんですが、
さらにそこに、明確な「自分の意志」をのせれば
より強く確実に、その未来を引き寄せられるんじゃないかなと。

と言うわけで、みなさまにも「新月のお願い」おススメします。
願いは願い・・・そう簡単には叶わないかもしれないけれど
自分がどうありたいのかが明確になって
思わぬ自分とも向き合うことができますよ!

さて私は今月、何をお願いしようかなあ。

アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》

その他のコラム