アーユルヴェーダにも欠かせない「ローズパワー」‐アーユルヴェーダ専門サロンmanas‐コラム‐バイタルなび

コラム Column

アーユルヴェーダにも欠かせない「ローズパワー」

スミヨシマチコ

【スミヨシマチコ】

アーユルヴェーダサロンmanas《マナス》のセラピストです。アーユルヴェーダは、自分を知り、心と体も健やかに保つためのもの。お客様に幸せを感じていただくために、私自身がまず自分が幸福感に満たされた生活を送ることを目標に、音楽・映画・芝居・旅行などを楽しんでいます。


東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です

先日、友人に誘われて神代植物公園に
今が旬のバラを見に行ってきました。
110515_1241~01
紫のバラガラスの仮面ですよ

満開には時期が早いかもと聞いてましたが、
種類によっては、かなり咲いていてすごくキレイでした

110515_1314~01
こんな感じに、花弁の数が少なめで
すごく開くバラもあるんですよねー

バラによって、香りの強さも花の形も色もそれぞれで
ものすごく楽しめましたよ
110515_1315~01
少しカーネーションチックな形のもありました。
この園内では、種類に関係なく、黄色の色のものが
早く咲き誇っていた感じ。

そして今回、私が注目したのが「バラの名前」
作った人がつけてるんですかねー
人の名前が多いんですよ
110515_1316~01
この「クリスチャン・ディオール」をはじめ、
ヴィクトル・ユーゴー、モナリザ、マリア・カラス、
シャルル・ド・ゴールなどなど・・・
プリンセス・ミチコというのもありました。

ちょっとググったら、バラには人名がついてるものが
多くあるみたいですねー
確かに自分の名前のバラがあったらうれしいですよね

と言いつつ、色気より食気の私たちは
バラソフトを食べて大満足なのでした
110515_1251~01

バラの香りやエキスは、言わずと知れた
女性力アップの力を持ってるものですが、
アーユルヴェーダ的にもおススメです

バラ自体にピッタをおさめる力があり、
熱や炎症をおさめてくれますし、
他のハーブと調合し、強壮剤としても使われます。

ですからインドは、ローズオイルやローズウォータの生産も
盛んで、お値段もお手頃価格でした
質の良いローズウォーターは、
グリセリンを混ぜるだけで化粧水として十分ですし、
もっとしっとりさせたい方は、
アーモンドオイルを少量加えても良いそうです。


私はまだ、
この化粧水を継続して使ったことはないのですが、
良いローズウォーターがお安く手に入ったら(笑)
絶対やろうと思ってるんです
香りにも癒されそうだし、シンプルでいいですよねー

アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》

その他のコラム