アーユルヴェーダで幽体離脱!?‐アーユルヴェーダ専門サロンmanas‐コラム‐バイタルなび

コラム Column

アーユルヴェーダで幽体離脱!?

スミヨシマチコ

【スミヨシマチコ】

アーユルヴェーダサロンmanas《マナス》のセラピストです。アーユルヴェーダは、自分を知り、心と体も健やかに保つためのもの。お客様に幸せを感じていただくために、私自身がまず自分が幸福感に満たされた生活を送ることを目標に、音楽・映画・芝居・旅行などを楽しんでいます。


東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です

昨日、サロンのお休みを利用して久しぶりに
自分自身がアーユルヴェーダ・トリートメントを受けてきました

実は、自分でオイルを使ってマッサージはしますが、
たいして気持ちよくはないのが現実

震災後、いろいろあって、心身の摩耗を感じていたので
たまにはメンテナンスしなければと
本格的なアーユルヴェーダを長く提供しているサロンに
アヴィヤンガを受けに行くことに

実は、私が学んだのも、こちらのアーユルヴェーダ。
サロンを開業する前には、改めて講習を受けたり
いろいろアドバイス、応援していただいているんです。

そんな大先輩であり、先生のトリートメントは
心身のメンテナンスにもなるし、自分の勉強にもなるはず
と思ってたんですが、途中からはもうぼんやりして夢うつつ…

そう、私ってマッサージではもれなく寝てしまうタイプなんです
それでも、出来る限り記憶にとどめようとがんばりましたけどね

そんなこんなで、アヴィヤンガが終わり、発汗へ。
こちらでは、遠赤外線ドームを使用しているので、
寝たまま発汗になります。
不思議な体験はここからなんです。

ドームがかぶせられ、数分後…
いつの間にか意識が遠のき、次に意識が戻った時、
寝てたはずの自分が、なぜか普通の木のサウナの中に
立ってるんですよね。


「あれ?ドームだったはずなんだけどな?
 いつ移動したんだろう?」

寝てるはずなのに、確実に立っていると言う意識。
寝てることを確認するために、ベッドを触ってみると
確かに体の下にあることが分かります。
それが確認できてもなお、自分の見えてる映像は立ってる自分で
そっちにリアリティを感じるんですよね。
歩き回ったり、人に話しかけたりして
「ここはどこだっけ?」と考えてるんです。
もう一方で、「お前、今ねてるだけだから」と言う
意識もうっすらありつつ…(笑)

しかも途中から、感覚と意識がずれてることを
理解できてると言う、なんとも不思議な感覚。
シローダラーでは、意識と夢が混線するような浮遊感は
感じやすいものなのですが、
アヴィヤンガあとに、この感覚は初めてだわ~~
と思ってる間に
また意識が遠のきました。

そして次に意識がはっきりしたのは、
完全に暑さと喉の渇きという、リアルな症状でしたね。(笑)


で、終わったあと、幽体離脱もどきの話を聞いてもらうと
「いろいろ出たね~」
と、ほくそ笑まれてしまいました。(笑)

普段からアーユルヴェーダオイルを使ってる私だからこそ
反応が早く、すぐに体の中で効果を発揮したみたいです。
確かに、インドでパンチャカルマを受けた時も
なじみのない感覚や体の反応を感じたんですよね。

多分、こういうことが、体の中でハーブオイルたちが頑張って
働いてる証拠、結果の表れではないかと思います。
(少なくとも自分に関しては…)

いやー
アーユルヴェーダはやっぱりスゴイ

それを自分の体で再確認した1日でした~

あと、やっぱり人にやってもらうのって最高ですね
勉強と言いながら、結局、自分のメンテナンスなんですけど
定期的に受けに行きたいと思っちゃいました

その他のコラム