アーユルヴェーダスパ カイラリ 横浜元町本店 | 横浜市中区元町 元町・中華街駅のインディアンヘッドマッサージサロン‐こだわり‐バイタルなび

こだわり Believing in Quality

■アーユルヴェーダ■

アユスのトリートメントの基軸となっているのがアーユルヴェーダです。これがすべての土台であり、ここから、他の4つの要素のトリートメントへと発展していきます。

アーユルヴェーダが唱えているのは“自然との調和”です。またアーユルヴェーダを一言でいうと、それはすべてにおいて“バランスの追及”です。宇宙の普遍の真理によるものです。

というと何やら難しく聞こえますが、実際はとてもシンプルで納得のいくものです。急がば回れということわざがありますが、アーユルヴェーダを実践していると必ずその言葉が頭をよぎります。 たとえば、マッサージをするときもいろいろな角度から何回も少しずつアプローチしていくのです。全体のバランスを考えながら行っていくこの方法は、一見、同じ動きたくさんがあって無駄のように思えますが、 実はとても効果的で結果が出るのも早いのです。

アーユルヴェーダにおける健康とは、“身体”と“心”が健康であることをいい、身体と心は深く結びついているものと考えられています。

■フィトセラピー■

アロマテラピーが効果的な植物の香りの成分だけに注目した療法なのに対して、フィトセラピーは植物全体を健康に役立てる療法です。植物をそのまま使うハーブの作用はとても穏やかで、 幅広い利用法と可能性があります。

植物はひとたびそこに根をおろしたら、その場所から逃れることはできません。古代から人々は、過酷な自然環境の中でも生き残るために持ち合わせている植物の生命力を人間に置き換え、健康に役立ててきました。 たとえばアロエという植物は、暑くて乾燥したところにも繁殖します。アロエには乾燥に耐える力があるのです。従ってその成分には保湿効果や鎮静効果があります。比較的枝部分が太く節がある植物は、その太いパイ プが水を通し易いように、体液の滞りを緩和し、毒素の排出を促すので関節炎などの痛みに効果を発揮します。

ハーブは内用できます。直接食べることもできますし、ハーブティなどで飲用するのも効果的です。セージのように精油での使用は特に注意が必要で普段使うことができないものでもハーブティにしたり、そのまま料 理のスパイスとしてなら利用することができるのです。ハーブの外用では、ドライハーブをパウダー状にしてスクラブ剤として使用したり、浸出油をマッサージオイルとして使うことも可能です。もちろんお風呂に入れ て入浴するのも可能ですし、精油との併用もできます。

フィトセラピーはアロマテラピー同様身体と心両面に穏やかに働きかけてくれます。中には長期間の常用や一日に大量に摂取するのを避けたほうが良いものもあるので気をつけましょう。



■アロマテラピー■

アロマは《芳香》テラピーは《療法》、その名のとおりアロマテラピーとは香りの療法のことです。今から20年前の日本を振り返ると、その頃、アロマテラピーがこれほどまでに ブームになるとは思ってもみませんでした。

アロマテラピーはフィトテラピー《植物療法》の一分野です。植物全体の中の香りの成分に注目しそれを健康に役立てるのがアロマテラ ピーなのです。植物の香りの成分のことをエッセンシャルオイル《精油》といいます。植物に含まれる精油成分は全体の0.1%~4.0%にすぎません。この精油のことを油だと思って いらっしゃる方が多いのですが、正確に言うと「天然の油脂に似た物質で、芳香性・揮発性物質です。可溶化リポイドで、水に溶けず、アルコール・油脂などに溶けます。」この植物に含まれる濃縮された芳 香物質《精油》は現在300種類ほどあります。精油には様々な効果があり、これらが身体や心にバランスよく働きかけてくれると、私たちは元気になるのです。アロマテラピーの基本 となるのが、芳香浴、入浴、マッサージの3つの方法です。人間の五感の中で、嗅覚と触覚に働きかけていくことができます。

精油の特性は、植物の生命体で植物ホルモンを含む強い生理活性作用物質です。皮膚に接触すると約30秒から3分で皮膚血管系に吸収され、血中及び組織中に約3~6時間滞留するといわれます。 取り扱いには十分な注意が必要とされます。

効果が絶大なぶん、それに伴う禁忌事項も多いのです。

■タラソテラピー■

海からの贈り物と呼ばれるタラソテラピー。タラソとはギリシャ語で海を表します。海は地球の生命の源です。海水と人の体液の成分が似ているというのをよく耳にしまが、海水は私たち人間の 生命機能を維持するために必要なミネラルや微量元素を含んでいるのです。その中で育まれている海洋植物である海藻は、陸地で棲息する植物では考えられないほどの栄養分の高い各種ビタミン、 微量元素類、ミネラル塩類、プロテインが含まれています。

アユスではその豊富な海の恵みのトリートメントを考えてみました。タラソテラピーはもともとヨーロッパが主流です。ブルターニュの海 でとれる良質な海藻をつかってのトリートメントはすばらしい効果をあげ、実績と伝統があります。

私たち日本人にとっても海藻は古代より身近で貴重な食料でした。現在、世界で約2万種の海藻が確認されているということですが、日本の海藻もとてもすばらしいものです。

アユスでは日本の食品に用いられる海藻をそのままパウダー状にし、独自のブレンドで、日本産アユスオリジナルの海藻パックをつくりました。自然な色がとても綺麗で、磯の香りも心地よいトリ ートメントができます。以前からヨーロッパ産のトリートメント剤を使っていたスタッフが驚きの声をあげました。結果が出る。身体が楽になる。香りも悪くない。まるでうそみたいだと、髪も柔ら かく優しい感じに仕上がり、お顔もしっとり白くなります。何より、労せずして身体の調子が良くなるのが一番良いことでしょうか。心身を癒し、肌に輝きがよみがえる日本の海からの贈り物です。



■クレイセラピー■

クレイセラピーは母なる大地からの贈り物です。一言でいうと 悪いものを吸い取って、身体の中を動かす療法です。

クレイとは 長い時間をかけて地底ではぐくまれてきたミネラル分をたっぷり含んだ粘土のことです。見た目は色のついたサラサラとした粉です。 この色によって産地や種類が違い様々な特性があります。トリートメントに使うときには色によって肌への作用の強さが違ってくるのです。

クレイはスポンジのように溶液を吸う特性があります。またマイナスイオンの世界であるクレイは プラスイオンの毒素や老廃物を引き寄せます。  この様なことからクレイのトリートメントには、身体に良いすばらしい効果がもたらされるのです。
お肌を綺麗にしてくれるのはもちろん、新陳代謝を促し、細胞を活性化、皮脂の分泌過剰を正常にもどし、お肌を柔軟にし、保湿力、免疫力を高めます。 フェイシャルケア、ボディパック、ヘッドトリートメント、クレイバスなど肌質を選ばない効果的なお手入れは、一度知ったらやみつきになります。

アユスでは、日本で発見されたタナクラクレイ、本場フランスでは医療グレードとして飲用にも使用されてい るという伝統あるアルジレッツクレイのトリートメントを行っています。

アーユルヴェーダスクール
カイラリ学院日本校


太古の伝統療法アーユルヴェーダ
失われつつある伝統をインドで復活させた「カイラリ」
そのセラピスト養成技術を日本で学べます。

アユスは、2001年夏、Kairali(カイラリ)社と日本総代理店契約を結びました。それとともに、教育システムにおいても、カイラリ社が運営しているアーユルヴェディック・スクール(カイラリ学院)と提携を始めました。
カイラリ学院は、カイラリ社が運営するアーユルヴェディック・スクールです。アユスでは、カイラリ学院と提携してエステティシャンの教育プログラムを行っています。

 →詳しくはこちら